blog

検索

印象に残るECサイトの商品RR動画はどんな動画?


YouTubeやTik Tokなどの動画SNSが主流になっている中、企業はより、顧客に知ってもらうと広告を作って、出したり、PR動画を作成、アップしたりするところが増えました。今回は。そんなECサイトの商品動画やPR動画についてお話したいと思います。


目次 

1  PR動画とは?


2  ECサイトでサービスや商品を動画で紹介するメリット

    2-1 静止画よりも情報がたくさん得られ、わかりやすい

    2-2 形がないものでも、ビジュアル化して説明できる

    2-3 自身が利用しているところを想像しやすく、商品を買いやすい


3  PR・商品紹介動画の作り方の流れ

    3-1 テーマやアピールポイントの選定

    3-2 構成を考える

    3-3 撮影を行う

    3-4 編集する


4 印象に残るPR・商品紹介動画の作成時のポイント

    4-1 ターゲットやペルソナを絞る

    4-2 目的を明確にする

    4-3 どこで動画をあげるかを決める

    4-4 トレンドや動画の時間を考えて構成を考える

    4-5 視聴者が自身に置き換えられるストーリーに

    4-6 メッセージは1つに!


5  ECサイトのPR動画や商品動画制作をお考えの方は弊社frauへ!



1 PR動画とは?

いわばアピール動画だと思っていただければ、間違いないでしょう。

企業が商品の宣伝や自分の会社がイメージアップなどのアピールを行う動画のことを言います。

文章で説明をするのではなく、動画にすることによって、見てわかるので、視覚から簡単に 情報を得ることができます。

また、動画作成の方法は2種類あります。

自分で作成する方法と動画制作会社などのプロに依頼する方法です。

自身で作成するメリットはコストが安い・自身のペースにあわせて作れるというメリットがあります。またデメリットには時間がかかる・クオリティーが低く、かえってお金がかかることもあります。

一方、プロに依頼する方はコストがかかりますが、クオリティーは高いという特徴があります。



2  ECサイトでサービスや商品を動画で紹介するメリット

ここからはどうしてECサイトに動画が良いと言われているのか、ご紹介します。

メリットは3つです

l 静止画よりも情報がたくさん得られ、わかりやすい

l 形がないものでも、ビジュアル化して説明できる

l 自身が利用しているところを想像しやすく、商品を買いやすい

   

2-1 静止画よりも情報がたくさん得られ、わかりやすい

静止画であれば、盛り込める情報に限りがありますが、動画であれば静止画以上の情報を入れることができます。

また、動画は映像、音、文字から成り立っているので、理解も深めやすく、より多くの人に情報が伝わります。

人間は、視覚・聴覚・言語で内容を判断すると言われています。

動画は視覚・聴覚から得た情報を絵や言語で理解しているので、動画で伝えるという方法が一番伝わりやすいです。


2-2 形がないものでも、ビジュアル化して説明できる

商品ではなく、サービスを提供しているときは、広告を作るときに難しいのですが、動画であれば、ソレを使っている様子などを映し出すことも可能です。

また形がないサービスなども、ビジュアル化して、説明や宣伝することができます。

さらに音楽やアニメーション、ナレーションなどを使えば、よりそのサービスを使っているところがイメージしてもらえるようになります。


2-3 自身が利用しているところを想像しやすく、商品を買いやすい

商品を動画にする1番のメリットは、その商品を実際に利用しているところが想像しやすいことです。どんなものかわからなければ・イメージがつかなければ、買うのを躊躇してしまう人もたくさんいます。

実際に使用している動画を見れば、自身が使っているところが想像でき、顧客が商品を購入しやすくなります。



3  PR・商品紹介動画の作り方の流れ

どういう流れで、PR動画を作れば良いのでしょうか。

ここからは流れを説明していきたいと思います。この流れで撮影を進めていきます。

1. テーマやアピールポイント、メッセージを決める

2. 構成を考える

3. 撮影を行う

4. 編集する


3-1 テーマやアピールポイント、メッセージを決める

まずは動画のテーマやアピールポイント、伝えたいメッセージを考えます。

商品やサービスごとにターゲットやその商品の良さは違うので、動画を撮るまでに考えなければなりません。

また伝えたいメッセージを決めます、このとき、たくさんメッセージがあると、何をつたえたいのかわからない動画になってしまいます。

伝えたいメッセージは1つ、多くても2,3にとどめておく必要があります。


3-2 構成を考える

テーマやメッセージが決まったら、構成を考えます。

ここで大事なのは動画の長さを決めることです。

動画は短すぎても、情報やメッセージが伝わらないですし、長すぎると途中で見るのをやめてしまうかもしれません。

ターゲットに合わせて長さを考えてみてください。

動画の構成は始めにインパクトを与え、興味を引きつけてから、伝えたいメッセージを盛り込むといいでしょう。

また、その動画が見ている人にとって有益な情報だと思ってもらえるようにするのが大切です。


このとき、実写動画にするのであれば、全体の流れや台詞演出などをまとめた台本を作成し、キャスティングを考えます。

アニメーションにするのであれば、動画全体の流れを描いた絵コンテを作成します。


3-3 撮影を行う

構成が決まったら、撮影に入ります。

動画撮影の目的は企業のイメージアップや商品を買ってもらうことです。

ですので、明るく清潔感があり、信用が得られるような映像にする必要があります。


撮影時に大事なのは動画の安定感・構図・カメラワークです。

プライベートの映像ではないので、手ぶれがひどい動画だと、見た人のイメージが少し悪くなると思います。

また、すぐに見るのをやめてしまう可能性もあるので、三脚を立てたり、手ぶれ補正があるいいカメラを使ったり、見る人が見やすい動画の作成を心がけてください。

自社内で動画を作成するときは、カメラマンでない人が、撮影を行うと思いますが、構図やカメラワークにもこだわると、プロのような映像を撮ることができます。

カメラマンでないと難しいかもしれませんが、いい動画を撮りたいのであれば必要です。

ズーム・ズームアウトなども使えると、より動画がよくなるでしょう。


また撮影時に出演者がいる場合は出演者の演技、見た目表情、話し方なども重要になっています。

例えば食べ物の宣伝で、出演者は「おいしい」っていうけど顔が笑顔でなければおいしくないのかと、疑ってしまいます。

出演者の演技も大事です。

受付のスタッフや広報担当など、いつも笑顔でいる人を抜粋するといいでしょう。



3-4 編集する

動画を作成する上でとても大事で、必要なのが編集です。

編集が変わるだけで動画が全く違うものになることも・・・。

撮影した映像データを元にBGMや効果音をつけたり、テロップや説明を入れたりして、動画を編集ソフトで編集していきます。

人は視覚と聴覚から受けとる情報が多いので、画面の明るさや音の調節から行います。

画面が暗かったり、音のボリュームが小さかったりすると見ている人は不快に思い、動画を見続けない可能性があるからです。

いらないところはカットしたり、アニメーションなどで動きを取り入れたりすると、クオリティーもあがる上に見る人の意識を向けることもできるので、良いでしょう。

カットはテンポを意識します。

例えば、ターゲットが若者であればカット数を多くして、テンポ良くします。

反対に高齢の方がターゲットであれば、カット数を控えめにし、ゆっくり見られるようにします。


編集が終われば完成です。

最終確認をしてOKが出たら、出力をします。

またこのとき、動画の題名も考えましょう。短い一言でわかりやすい内容がいいです。



4 印象に残るPR・商品動画の作成時のポイント

PR動画を作るのであれば、たくさんの人に見てもらい、たくさんの人の記憶や印象に残るものにしたいですね。

ではそんな動画にするためにはどうしたらいいでしょうか。


4-1 ターゲットやペルソナを絞る

ターゲットとペルソナはほとんど同じ意味ですが、ペルソナの方がより深く、ターゲットがどんな人なのか詳しく考えます。

例えば、アラサー女性・独身・東京住み・コスメ好きなどのように考えることをいいます。

ターゲットやペルソナによって、動画の編集の仕方や、あげるプラットホームが違ってくると思います。

それらが変われば構成や、編集が全然違うので、最初にきちんと考え。絞る必要があります。


4-2 目的を明確にする

目的がはっきりしていないと、何が伝えたいのかわからない動画になってしまいますし、見てくれている人にもわかりにくい動画になってしまいます。

目的をはっきりさせて、伝えたえいメッセージがちゃんと伝わるようにしてみてください。


4-3 どこで動画をあげるかを決める

作成した動画をどこにあげるのかを決めます。

それぞれのSNSにも特徴があり、向き不向きなどがあります。

ターゲットによってもかわってきますが。

10分以上の動画はSNSよりもYouTubeの方が向いているやターゲットが若い子はSNSが向いているなどがあるので、それらを踏まえて考えてみてください。


4-4 トレンドや動画の時間を考えて構成を考える

動画を作成するときにトレンドを意識するのも重要です。

今はやりの音楽などをいれると、見る人も楽しんで最後まで見てくれる確率は上がります。

季節感もそのとき、そのときに併せた方が、違和感がなく動画を最後まで見られると思います。


また動画の時間も長すぎると飽きられるので、いかに短く、伝えたいこと伝えられるかを考えなければなりません。


4-5 視聴者が自身に置き換えられるストーリーに

ストーリーを考えるときは見る人目線で考えなければなりません。

自分が利用した姿をイメージしないと商品を買いやすくはならないので、見る人が置き換えられるようなものにする必要があります。

また、メリットがないと思われると見てもらえなくなるので、 見ている人にメリットや利益をもたらす内容にしなければなりません。


4-6 メッセージは1つに!

伝えたいメッセージは1つに絞ります。

商品の良さなどはあれもこれも紹介したくなりますが、動画は長いとあきられてしまうので、短く端的にメッセージを伝える必要があります。

メインのメッセージは1つに絞って、伝えるようにしましょう。



5  ECサイトのPR動画や商品動画制作をお考えの方は弊社frauへ!

モデル商品撮影やECサイトの商品動画制作をお考えの方は、弊社frauの動画プランがおすすめです。ECサイトやWeb広告に使う商品やサービスの紹介動画の作成を承っております。

カメラマンの動画撮影の素材に、過度な演出や作りこみはせず、ナレーションで説明するシンプルな動画を提供いたします。

ネットだけで完結できるため、全国どこからでもご利用いただけます。

モデル商品撮影やECサイトの商品動画制作をお考えの方は東京の撮影モデル事務所株式会社frauをご活用ください。